【2021年】個人ブログがオワコンではない理由|ブロガーの将来性は?

【2021年】個人ブログがオワコンではない理由|ブロガーの将来性は?

個人ブログがオワコンって本当ですか?
もし、オワコンでないなら理由が知りたいです。

このような疑問を解消します。

本記事の内容
  • 個人ブログがオワコンではない理由
  • 個人ブログがオワコンと言われている理由は4つ
  • 現代ブログで稼ぐ3つのコツ
  • 個人ブログで失敗したときの逃げ道は4つ
筆者情報
筆者情報

筆者は約3年間ブログに取り組み、今では月40万円以上稼いでいます。

「副業でブログをはじめたいけど、個人ブログはオワコンって噂もあるから不安」

これから取り組むのに、オワコンと噂されていたら不安ですよね。

結論からいうと、個人ブログはオワコンではありません。

本記事では、個人ブログがオワコンではない理由を解説した上で、稼ぐためのコツも紹介します。

「副業ブログをはじめたいけど、将来性が不安」という人の悩みを解消できれば嬉しいです。

目次

【2021年】個人ブログがオワコンではない理由

個人ブログがオワコンと言われている理由は4つ
個人ブログがオワコンと言われている理由は4つ

結論、個人ブログはオワコンではありません。

なぜなら、インターネット広告の市場が伸びているからですね。

以下は電通が公式発表したデータを元に作られた、媒体別の広告費の推移です。

主な媒体別の広告費の推移
出典:ネット広告費、テレビに肉薄—電通調査 : 検索履歴でターゲティング

ブログの収入源であるインターネット広告市場伸びていることが、オワコンではない理由のひとつです。

実際に個人ブログで稼いでいる人が存在する

また、市場が拡大しているだけでなく、実際にブログで稼いでいる人も存在します。

以下は、NPO法人アフィリエイトマーケティング協会の調査結果です。

アフィリエイトの1ヶ月の収入
出典:アフィリエイト・プログラムに関する意識調査 2020年

ブログアフィリエイトをやっている方の、68.4%が稼いでいるのがわかります。

見ての通り、個人ブログは稼げない(オワコン)というわけではありません。

副業解禁でブログ人口が増える

日本では2018年に副業が解禁され、それ以降副業ブログ人口も増加傾向にあります。

以下は、NPO法人アフィリエイトマーケティング協会の調査結果です。

アフィリエイトを初めて方の経過年数
出典:アフィリエイト・プログラムに関する意識調査 2020年

ブログアフィリエイトの経過年数2年未満が、54.5%という結果になっています。

つまり、副業が解禁した2018年からはじめた人が市場の半数を閉めるわけですね。

もし、本当にオワコンなら人口は増えません。

また、人口が増えれば活性化し、そこに企業も参入してくる可能性が高いため、コンテンツとして時間を投資するには十分といえます。

アフィリエイト案件を扱う代理店も増加傾向にあります。

個人ブログがオワコンと言われている理由は4つ

個人ブログがオワコンと言われている理由は4つ
個人ブログがオワコンと言われている理由は4つ

何故、「ブログはオワコン」と言われてしまうのでしょうか?

ブログがオワコンと言われる理由は以下の4つです。

  1. SEOが厳しくなった
  2. Googleコアアップデートが増えた
  3. 企業サイトの参入
  4. YouTubeの市場拡大

それぞれ解説します。

オワコンと言われる理由1:SEOが厳しくなった

よく噂されるのは、SEOが厳しくなったから個人ブログの上位表示が難しいという話です。

SEOとは、検索エンジンを使ったマーケティング戦略のひとつです。Googleなどの自然検索結果で自社のページが表示されることにより、サービスや商品を知らないユーザーがページを見て検討する機会を創出します。

出典:SEO(Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)とは|irep

SEOが厳しくなったのは事実です。

2018年ごろまでは、個人ブログ全盛期で簡単に検索上位を取れる時代でした。

しかし、次第にSEOは厳しくなり2021年は、知識がなければ上位表示は難しいです。

「じゃあ個人ブログは検索で上位は取れないのか?」と言われれば、そんなことはありません。

これまで簡単すぎたものが、通常の難易度になったというレベルです。

なので、SEOが厳しくなったからといってオワコンというわけではありません。

僕自身、SEOを攻略して検索1位を量産しています。

オワコンと言われる理由2:Googleコアアップデートが増えた

Googleコアアップデートとは、検索アルゴリズムを見直し、検索結果を大規模に改善するアップデートのことを指します。

要はランキングを決める仕組みが見直されるため、それに応じて現在のランキングも変動が起こるということです。

これまで1位で毎月稼げていたキーワードがいきなり2ページ目以降になってしまう…なんてこともあります。

もちろん、逆に大幅に上がるケースもあります。

ただ、Googleコアアップデートで順位が下がったとしても、状態に合わせてSEO施策を行えば回復可能です。

以下は、僕が実際にGoogleコアアップデートに直撃した時の様子。

Googleコアアップデートから回復
Googleコアアップデートから回復

「やっとアクセスが増えてきた」と思った矢先に、サイトが半年前の状態に。

しかし、SEOを学びつつ運営を続けたら、7ヶ月後にはアクセスが戻るどころか数十倍になりました。

このように、Googleコアアップデートの被害を受けたとしても、回復は十分に可能です。

なので、Googleコアアップデートがあるからといって、オワコンというわけではありません。

オワコンと言われる理由3:企業サイトの参入

インターネット広告の市場が伸びていることもあり、個人だけでなく企業も参入をしています。

正直、個人ブログが企業サイトに勝つのは難しいです。

なぜなら、企業が所持するドメインは、個人のドメインよりも信頼性が高く、評価されやすい傾向にあるからですね。

それだけでなく、ライターの導入人数や外部SEO対策に投じる費用も段違いです。

「企業に勝てないなら稼げないじゃん」とあなたは思いますよね。

実は、企業と個人では攻める市場が異なるので、勝負する必要がありません。

ジャンルキーワード
企業レッドオーシャンビッグ・ミドル
個人ブルーオーシャンロングテール
企業・個人別の市場

大前提として、企業は個人が狙うような小さい市場には入ってきません。

理由は、人件費やマーケティング費用を投資するので、見合わないからです。

なので、基本的に戦うケースは、個人が企業のいる市場に挑まない限り発生しません。

  • 企業:収益性の高い市場を攻める(月100万〜数千万円)
  • 個人:収益性の低い市場を攻める(月5万〜100万円)

勘違いする人が多いのですが、企業の参入で個人ブログがオワコンになることはありません。

個人で稼げる市場を選択すればOK。

オワコンと言われる理由4:YouTubeの市場拡大

「時代はYouTubeだから、ブログはオワコン」こういう噂も聞きますよね。

これは僕がブログをはじめた、2018年も言われていました。

結論、文字のメディアはなくなりません。

たしかに、動画媒体の方が優れているケース・カテゴリも存在します。

しかし、文字の優位性があるケース・カテゴリも多くあるんですよね。

  • 正確に伝えられる
  • 手軽に読める、発信できる
  • 情報の収集スピードが早い

ブログとYouTubeは互いにメリットを尊重したまま、別ベクトルに市場を伸ばしています。

なので、YouTubeが伸びているからといって、文字メディア(ブログ)の将来性がないわけではありません。

個人ブログはオワコンではない!現代ブログで稼ぐ3つのコツ

個人ブログはオワコンではない!現代ブログで稼ぐ3つのコツ
個人ブログはオワコンではない!現代ブログで稼ぐ3つのコツ

現代ブログで稼ぐ3つのコツを紹介します。

  1. 時代にあった運営スタイルで取り組む
  2. アフィリエイトに取り組む
  3. SEOの知識を付ける

それぞれ解説します。

コツ1:時代にあった運営スタイルで取り組む

ブログで稼ぐには、時代にあった運営スタイルを選択するのが大事です。

個人ブログは大きく分けると、4つの運営スタイルがあります。

アフィリエイトアドセンス
特化ブログ×
雑記ブログ×
運営スタイル
  • ○:稼げる
  • △:稼ぎづらい
  • ×:稼ぐのが難しい

結論、2021年ブログで稼ぐなら、特化ブログ×アフィリエイト一択です。

なぜなら、特化ブログはE-A-Tを担保しやすいため、Googleに評価されやすいからですね。

E-A-Tとは、Expertise(専門性)、Authoritativeness(権威性)、 Trustworthiness(信頼性)の三つの言葉の頭文字をとったGoogleの造語で、簡単に言えば「事実を分かりやすく専門性が高いコンテンツ」が求められているということです

出典:E-A-Tとは?|ディーエムソリューションズ株式会社

ちなみに、雑記ブログはE-A-Tを満たすのが難しく、稼ぐハードルが大幅に上がるので推奨しません。

  • 特化ブログ:ひとつのジャンルに特化するため専門性が高く、SEOで評価されやすい
  • 雑記ブログ:複数ジャンルあるため専門性が低く、SEOで評価されづらい

SNSで「ブログ稼げない…」と話している人の多くが雑記ブログという、評価されにくい舞台で戦っています。

  • 特化ブログ→副業で稼ぐことを目的にしている人向け
  • 雑記ブログ→稼ぐのは二の次、楽しければ良い人向け

もし、ブログをはじめる理由が”稼ぐこと”であるなら、特化ブログ×アフィリエイトで取り組みましょう。

コツ2:アフィリエイトに取り組む

ブログで稼ぐなら、アドセンスではなく、アフィリエイトに取り組むべきです。

理由は、アフィリエイトの方が少ない労力で稼げるからですね。

アドセンスは、月10,000PVあったとしても、3,000円ほどしか稼げません。

AdSense収益の計算方法

アドセンス収入=PV×クリック率(0.01)×広告単価(平均30円)

対するアフィリエイトは、3,000PVもあれば、10,000円は容易に稼げます。

ちなみに、僕は毎月40万円ほどブログ収入がありますが、9割以上はアフィリエイトです。

『ブログで稼ぐ=Googleアドセンス』という先入観がある人もいますが、実際はアフィリエイトをメインにしつつ、アドセンスで補助するイメージです。

まずは、登録無料のもしもアフィリエイトで、取り組めるアフィリエイト案件がないか探してみましょう。

コツ3:SEOの知識を付ける

SEOの知識があると、ブログで稼げる可能性はグッと高くなります。

なぜなら、ブログで稼ぐ流れは以下の通りだからです。

ブログで稼ぐ流れ
  1. 検索上位表示する←SEO知識が必要
  2. 検索エンジンから訪問者が来る
  3. 記事が読まれる
  4. 検索意図を解決する
  5. アフィリエイト成約

検索上位表示しなければ、記事は読まれません。

なので、まずはSEOを学び、記事を読んでもらえる環境作りから行いましょう。

個人ブログで失敗したときの逃げ道は4つ

個人ブログで失敗したときの逃げ道は4つ
個人ブログで失敗したときの逃げ道は4つ

ブログ自体オワコンではありませんが、人には向き不向きがあります。

なので、副業ブログに時間を投資したけど失敗…なんて可能性もありますよね。

しかし、ブログ運営をすると様々なスキルが身に付くため、逃げ道があります。

逃げ道1:Webライター

ブログ運営の経験があるWebライターは重宝されます。

なぜなら、ブログ経験者はSEOライティングを熟知しているからです。

意外かもしれませんが、9割のWebライターはSEOライティングができません

また、運営しているブログをポートフォリオにできるのもメリットですね。

「ライターに挑戦してみたい」という方は、クラウドワークスでWebライターの案件を見てみましょう。

最初は、文字単価0.5~1円程度の案件からはじめるのがおすすめです。

逃げ道2:オリジナルコンテンツ

「ブログでものが売れるようになったけど、単価が安くて稼げない」

「得意カテゴリがあるけど、アフィリエイト案件がない」

このような方々は、オリジナルコンテンツを販売する道もあります。

今はnoteBrainで誰でも、自分の商品を販売できるようになりました。

アフィリエイトだと稼ぎづらいカテゴリもあるので、オリジナルコンテンツにシフトするのもありです。

逃げ道3:インフルエンサー

ブログ用にSNSを育てている人は、発信活動に特化する道もあります。

世は何を発信するか?よりも誰が発信するか?の時代になってきているので、時代にあった稼ぎ方とも言えますね。

マネタイズもツイートや拡散案件など様々あるので自分にあったものを選択可能です。

逃げ道4:Webマーケティング職

ブログで身に付けたWebマーケティング知識を糧に、転職する道もあります。

実は、ブロガーからWebマーケティング職に転職する人は多くいます。

びびさんの体験談はこちら→「ブログがきっかけでWebマーケ会社に転職した話」を過去の自分に伝える記事

「個人ブログでは上手くいかなったけど、楽しいから本業にしたい」という方は本業にしてしまうのも良いでしょう。

経歴が不安な方は、“いい就職.com”でサポートを受けるのがおすすめです。

個人ブログオワコンに関連するよくある質問

個人ブログオワコンに関連するよくある質問
個人ブログオワコンに関連するよくある質問
一部の人しか稼げないんじゃないの?

実際、ブログで月5万円稼げているのは、上位3割ほどです。

しかし、多くの人が学ばず独学で挑戦しています。

なので、しっかりと学びつつ実践すれば月5〜20万円程度はあれば現実的です。

Webマーケティングの知識は必須?

現状の知識が0でも稼ぐことができます。

実際に、僕自身も知識0の状態から2年半で月40万円を稼げるまでになりました。

副業ブログの人口が増え、ノウハウも世に出回っているので調べつつ、自身で検証していけばOKです。

文章を書くのが苦手だけど平気?

これまでの経験から文章が苦手な人でも問題ありません。

なぜなら、これまで書いてきた文章とWebライティングは全く別物だからです。

詳しくは以下記事で解説しています。

読まれるブログの書き方|抑えないと損する14のコツ

まとめ:個人ブログはオワコンではない!将来性も十分です

結論、個人ブログはオワコンではありません。

むしろ、成長傾向にあり、将来性も十分あります。

ブログがオワコンではない理由
  • ブログの収益源であるインターネット市場は伸び続けている
  • 実際に個人ブログで稼いでいる人が存在する
  • 副業解禁でブログ人口が増える

とはいえ、ブログは誰でも簡単に稼げる副業ではありません。

時代に合わせた運営スタイルを選択しつつ、SEO知識を学ぶ必要があります。

個人ブログで稼ぐ3つのコツ
  1. 時代にあった運営スタイルで取り組む
  2. アフィリエイトに取り組む
  3. SEOの知識を付ける

まだまだ、個人ブログで月50〜100万円は目指せますので、興味がある方はぜひ挑戦してみて下さいね。

関連記事 ブログが続かない理由20個と継続するコツを、ブログ歴3年の筆者が解説

【2021年】個人ブログがオワコンではない理由|ブロガーの将来性は?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる