SWELLのSEO対策は不十分?現役利用者が全てぶっちゃけます

SWELLのSEO対策は不十分?現役利用者が全てぶっちゃけます

SWELLのSEO対策はどうなの?
SEOに詳しい人から意見を聞きたい。

このような疑問を解消します。

本記事の内容
  • SWELLのSEO対策は十分です
  • そもそもSEO対策が十分なWordPressテーマとは?
  • SWELLのSEO対策内容
  • SEO SIMPLE PACKでSEO対策をさらに強化
筆者情報
筆者情報

筆者はWordPressテーマSWELLでブログ運営をしています。

「SWELLのデザインや機能に惹かれて購入を検討しているけど、SEO対策が十分か心配…」

SWELLは新しいテーマなこともあり、SEOに関する情報・実績がないので不安ですよね。

結論からいうと、SWELLはSEO対策が十分されているWordPressテーマです。

本記事では、SWELLのSEO対策の内容から、そもそもWordPressテーマに求められるSEO対策とは何か?まで徹底解説します。

読み終える頃にはSWELLのSEO対策に対する不安は解消しますよ。

\ SEO対策バッチリの最新テーマ /

目次

SWELLはSEO対策が十分にされたWordPressテーマです

SWELLはSEO対策が十分にされたWordPressテーマです
SWELLはSEO対策が十分にされたWordPressテーマ

結論、SWELLはSEO対策が十分されているWordPressテーマです。

テーマ自体に様々なSEO対策が内蔵されています。

しかも、『Lighthouse』のSEO評価で100点が取れたという報告も上がっています。

SWELL利用者のSEOスコア

Lighthouseとは、Googleが提供しているWebページのパフォーマンスや品質、SEO観点などの改善項目を自動でレポートしてくれるツールです。

Chrome拡張機能としても提供されており、簡単にコンテンツの課題点や改善方法を把握し、SEO内部対策の強化にも役立てることができます。

出典:Lighthouseの使い方|DIGITAL SHIFT

Google提供の測定ルーツで、SEOスコア100点取れているのが何よりの証明です。

そもそもSEO対策が十分なWordPressテーマとは?

そもそもSEO対策が十分なWordPressテーマとは?
そもそもSEO対策が十分なWordPressテーマとは?

そもそも、どんなWordPressテーマがSEO対策が十分と言えるのでしょうか。

WordPressテーマに求められる、SEO対策は以下の通りです。

  • 表示速度が速い
  • 適切なサイト構造
  • 構造化データを設定できる
  • メタ情報を設定できる
  • パンくずリストの設置
  • レスポンシブ対応
  • 居心地の良いデザイン
  • 効果計測できる
  • SNSシェアボタンの設置

実は様々な機能が求められます。

小難しいですが、大きく分類すると以下3つです。

  • Googleに評価されやすい仕組み
  • 訪問者にとって心地良い環境
  • 時代に最適な仕組み

それぞれ解説します。

WordPressに必要なSEO対策1:Googleに評価されやすい仕組み

WordPressテーマにかならず必要なのが、Googleに評価されやすい仕組みです。

世間ではクローラビリティと呼ばれています。

クローラビリティとは、Googlebot(クローラー)がインターネット上のリンクを辿ってWebページを探す際の、Webページの見つけやすさ・認識のしやすさ(クロールのしやすさ)のことです。

このクローラビリティが良くなれば、クロール頻度が高まります。

すると、ブログ記事がより検索エンジンに認識されやすくなり、結果的に評価がされやすくなるという仕組みです。

なので、WordPressテーマにはクローラビリティを上げるために、適切な構造が求められます。

WordPressに必要なSEO対策2:訪問者にとって心地良い環境

WordPressテーマには、訪問者への満足度も求められます。

  • 表示速度が遅い
  • 迷子になってしまうような構造
  • デザインが安っぽくて信用できない

いずれも、すぐにサイトからバックしたくなりますよね。

すると、直帰率・滞在時間が劣悪化し、結果的に検索順位の低下にも繋がります。

なぜならGoogleは、人気のあるサイトを上位表示したいと考えていますが、上記の状態はそれに反するからですね。

なので、WordPressテーマはGooglebot(クローラー)だけでなく、ユーザーにも読みやすい環境が求められます。

WordPressに必要なSEO対策3:時代に最適な仕組み

WordPressテーマには、優秀さだけでなく時代にあった仕組みも必要です。

  • スマホユーザーの増加
  • デバイスの多様化
  • SNS市場の拡大
  • Googleコアアップデート

Webサイトといっても、ただ書けばOKという時代は終わりました。

SNSシェアからの被リンク・ソーシャルジュースの獲得は重要です。

また、Googleコアアップデートの頻度が高いことから、それにスピーディーに対応する開発力も求められます。

なので、WordPressテーマには時代にあった仕組みも必要です。

SWELLのSEO対策内容

SWELLのSEO対策内容
SWELLのSEO対策内容

SWELLのSEO対策内容は以下の通りです。

必要なSEO対策SWELLの実装内容対応
表示速度が速い・高速化機能を内包
・不要な機能のCSSは読み込まない
・標準機能のおかげでプラグイン不要
構造化マークアップ機能機械からも分かりやすいコーディング
構造化データを設定できる構造化マークアップ(JSON-LD)
メタ情報を設定できるSEO SIMPLE PACKで補助
パンくずリストの設置標準で装備
レスポンシブ対応対応ずみ
居心地の良いデザイン高いデザイン性
効果計測できる・表示回数を計測可能
・クリック率を計測可能
・ABテスト搭載
SNSシェアボタンの設置SEO SIMPLE PACKで補助
SWELLのSEO対策一覧

前述した”必要なSEO対策”に当てはめながら、それぞれ解説します。

SWELLのSEO対策1:表示速度が速い

SWELLは有料テーマの中でも最速クラスに表示速度が早いです。

SWELL 表示速度 PC
パソコン
SWELL 表示速度 mobile
モバイル

なぜなら、以下5つの機能が内包されているからですね。

  • 動的なCSSや複雑なパーツのキャッシュ機能
  • ページ下部にあるコンテンツの遅延読み込み
  • 画像・動画・iframeへ自動でLazyload付与
  • メインスタイルのインライン読み込み
  • 不要な機能に関するCSSは読み込まない

別テーマの場合、これからを実装するにはプラグインをインストールしなくてはいけません。

しかし、プラグインはインストールするほど表示速度が低下します。

(読み込みや他プラグインとの相性で遅延が発生してしまうため)

SWELLはプラグインなしでこれからの機能を利用できるので、有料テーマの中でも最速クラスです。

SWELLのSEO対策2:適切なサイト構造

SWELLはコーディングから、SEOに配慮しています。

SWELLでは、人から見て綺麗なだけでなく、機械が見てもわかりやすい構造になるように意識して HTMLを構成しています。

SWELL初期状態において、Html Checkerによる「エラーなし」を確認済みです。

出典:SWELL公式HP

SEOの観点からシンブルでエラーコードがない状態は最良とされています。

理由は、サイトを評価するために訪れるクローラーが正しく巡回できるからです。

ちなみに、ソースがわかりにくかったり、エラーがあると以下の状態が予想されます。

  • 複雑なソースは巡回ロボットが読み込むのに時間を要する
  • ソースコードに余計なタグが入り込むと、巡回ロボットに正しく理解されず、そのページの評価を下げる可能性がある
  • 無駄の多いソースコードは、巡回ロボットの途中離脱の可能性がある

SWELLはエラーコードがないため、上記のような心配はありません。

SWELLのSEO対策3:構造化マークアップ機能

SWELLは構造化データを設定できます。

構造化データとは、ページに関する情報を提供し、そのコンテンツ(たとえば、レシピページの場合は材料、加熱時間と加熱温度、カロリーなど)を分類するために標準化されたデータ形式です。

出典:構造化データの仕組みについて|Google検索セントラル

簡単にいうと、「この部分は○○ついて書かれていて、ここがタイトル、ここからが本文」と機械に内容が正しく伝わるようにした仕組みのことですね。

さらにSWELLは、いくつかある記述方法の中でも、Googleが推奨している「JSON-LD」を採用しています。

SWELL は人間だけでなく、Googleの検索ロボットにも読みやすいWordPressテーマです。

SWELLのSEO対策4:メタ情報を設定できる

SWELLは意図的にメタ情報の設定を、プラグイン「SEO SIMPLE PACK」に任せています。

理由はメタ情報の設定をWordPressテーマに内蔵すると、テーマ移行時に全て消えてしまうからです。

メタ情報はブログ運営の要であり、一時的にでも消えると大きな損失を生んでしまいます。

しかし、プラグインで制御すれば、例え他テーマに乗り換えるときも引き継ぐことが可能です。

SWELLは利用者の未来まで見越して設計されています。

ユーザーのことを”とことん”考えて設計されています。

SWELLのSEO対策5:パンくずリストの設置

SWELLにはパンくずリストが標準搭載されています。

SWELL パンクズリスト
SWELL パンくずリスト

パンくずリストとは、今見ているページ階層にアンカーテキストを設定したページ内に設置されるリストのことです。

一見、パンくずリストは地味な機能に見えますが、内部リンクにもなるのでユーザー・SEOに対して大きな効果を発揮します。

ユーザーにとってのパンくずリスト

ユーザーはかならずしもTOPページから訪れるわけではありません。

パンくずリストがあれば、検索結果からTOP以外のページに来たユーザーが、「いま自分がサイト内のどこの階層にいるのか」「そのページがどのカテゴリに属しているのか」を一目で理解できます。

SWELL パンくずリスト
SWELL パンくずリスト

もし、訪問したページの上に別階層があれば、ユーザーの気を引き回遊率が上がる可能性もあります。

このようにユーザーの利便性を上げるのはもちろん、サイト内の回遊率・CV数をUPさせる重要な要素です。

SEOにとってのパンくずリスト

パンくずリストのおかげで、Googlebot(クローラー)はサイト内を効率よく巡回可能です。

巡回効率が向上すると、クローラー正しい情報が伝わりやすくなり、結果的にページの内容に対して正しい評価を得ることができます。

正しい評価は、検索結果の順位の向上にもつながる可能性があることから、パンくずリストは内部SEOにとって、重要と言えます。

SWELLのSEO対策6:レスポンシブ対応

SWELLはレスポンシブに対応しています。

レスポンシブとは、PC、タブレット、スマートフォンのように、異なる画面サイズに自動的に調整する機能のことです。

SWELL レスポンシブ PC
PC
SWELL レスポンシブ Mobile
Mobile

上の画像のように、端末によって最適なサイズに調整してくれます。

スマホは画面が小さいので、メニューバーば右上のリストの中に格納してくれるなど、サイズ調整だけでなく利便性も考慮をしてくれています。

SWELLのSEO対策7:居心地の良いデザイン

SWELLはデザイン性の高さに定評があります。

SWELLは『シンプルで美しいデザイン』を掲げており、デザイン性の高さに惹かれて購入する人も多いほどです。

居心地の良いデザインは、直帰率を下げ、滞在時間を伸ばし、結果的に検索順位を向上させます。

SWELLのSEO対策8:効果計測できる

SWELLは、ボタンと広告タグの効果計測ができます。

  • 設置後のPV数
  • 表示回数
  • クリック数
  • 該当のボタン・広告タグまで読まれた割合
  • 表示回数に対するクリック率

ボタンが何回押されたか?だけでなく、どのボタンの部分まで読まれたかもわかります。

リライトをする上で、これほど有力な情報はありませんよね。

他テーマだと別料金がかかる機能ですが、SWELLなら追加料金は必要ありません。

SWELLのSEO対策9:SNSシェアボタンの設置

SWELLは、SNSシェアボタンが標準搭載されています。

また、設置するだけでなく、細かい設定も可能です。

  • シェアボタンを表示する位置
  • 表示するボタンの種類
  • シェアボタンのデザイン
  • URLコピーボタンのサイズ
  • シェアボタン上に表示するメッセージ
  • Twitter用の追加設定

SNSはブランディングが重要なので、細かな設定ができるのは嬉しいですよね。

追加設定では、ハッシュタグとメンションを設定できるので、うまく利用すれば拡散量の向上を見込めます。

SEO SIMPLE PACKでSWELLのSEO対策をさらに強化

SEO SIMPLE PACKでSWELLのSEO対策をさらに強化
SEO SIMPLE PACKでSWELLのSEO対策をさらに強化

そのままでもSEO対策が十分なSWELLですが、SEO SIMPLE PACKと合わせるとさらに力を発揮します。

前述した「SWELLのSEO対策内容」で『△、○』になっていた項目も、SEO SIMPLE PACKを合わせることで「◎」となります。

必要なSEO対策SWELLの実装内容対応
メタ情報を設定できるSEO SIMPLE PACKで補助△→◎
SNSシェアボタンの設置SEO SIMPLE PACKで補助○→◎
SEO SIMPLE PACK導入後

具体的に利用できる機能は以下の通りです。

  • 各記事のメタ情報の設定
    • タイトルタグ
    • メタディスクリプション
    • メタキーワード
    • robotsタグ(noindexなど)
  • canonicalタグの出力
  • Twitterカードなどに向けたOGP設定

さらに、SEO SIMPLE PACKの開発者は、SWELLと同一人物であるため、プラグインとテーマの相性で不具合も起きません。

なので、SWELLを利用する場合は、SEO SIMPLE PACKも合わせてSEO対策を強化するのが良いでしょう。

当サイトもSWELL×SEO SIMPLE PACKで運営しています。

まとめ:SWELLはSEO対策もバッチリの最新WordPressテーマ

結論、SWELLはSEO対策が十分なWordPressテーマです。

機能はもちろん、『Lighthouse』のSEO評価で100点を取れるスペックがあります。

Google上で競うブロガー・アフィリエイターにとって、公式の測定で100点を取れるWordPressテーマというのは、それだけで魅力的ですよね。

SWELLのSEO対策一覧

必要なSEO対策SWELLの実装内容対応
表示速度が速い・高速化機能を内包
・不要な機能のCSSは読み込まない
・標準機能のおかげでプラグイン不要
構造化マークアップ機能機械からも分かりやすいコーディング
構造化データを設定できる構造化マークアップ(JSON-LD)
メタ情報を設定できるSEO SIMPLE PACKで補助
パンくずリストの設置標準で装備
レスポンシブ対応対応ずみ
居心地の良いデザイン高いデザイン性
効果計測できる・表示回数を計測可能
・クリック率を計測可能
・ABテスト搭載
SNSシェアボタンの設置SEO SIMPLE PACKで補助
SWELLのSEO対策一覧(SEO SIMPLE PACK補助)

SEOに強いと言われているアフィンガーにも負けないWordPressテーマです。

「SEO対策が心配で購入を悩んでいる」という方にも、胸を張っておすすめできます。

本記事が購入の後押しになれば嬉しいです。

\ SEO対策バッチリの最新テーマ /

関連記事 ワードプレステーマSWELLの評判は?メリット・デメリットも解説

SWELLのSEO対策は不十分?現役利用者が全てぶっちゃけます

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる